出産祝いのオーガニックコットンベビー服

 

出産祝いのお役立ちコンテンツ

出産祝いのプレゼントの相場とマナー|出産祝いのオーガニックコットンベビー服 yuga

こんにちは。出産祝いのオーガニックコットンベビー服 yugaです。今回は出産祝いのプレゼントの相場とマナーについてです。


友だちや親戚、会社の同僚などに赤ちゃんが産まれたら、出産祝いのプレゼントを渡したいですよね。プレゼントの相場や渡す時のマナーやタイミングなど、出産祝いに関するマナーをご紹介します。


先ずは「出産祝いのプレゼントの相場」について相手別にご紹介します。


*親族、親戚

相手が親戚である場合は、関係性にもよりますが叔父叔母、従兄弟くらいでしたら500020000円以上が多いようです。それ以上遠い親戚でしたら5000円前後が多いようです。

親・兄弟なら数万円お祝い金を渡すこともあるかもしれませんが、品物でしたらベビーカーや抱っこ紐、ハイチェアなど少し高額でも必需品を予めリクエストを聞いてプレゼントしたり、いっしょに選びに行ったりしてプレゼントするも喜ばれるでしょう。


友だち

出産祝いを渡す相手が友だちの場合、こちらも関係性によりますが相場は5000円~10000万円程度が一般的なようです。もし親しい相手でしたらざっくばらんに「何が欲しい?」と聞いておくのも一つの方法です。相手の子どもが何番目に産まれた子どもなのかにより、プレゼントよりギフト券などの方が喜ばれたりする場合もありますので、よく状況を考慮して選びましょう。また、数人の友人どうして出し合って少し高額の品物をプレセントするケースもよくあります。その場合も関係性によりますが一人3000円~10000円の金額が一般的です。


同僚や仕事仲間

相手が会社の同僚である場合は、一般的には30005000円が程度の金額が相場のようです。

同僚同士数人で合わせてプレゼントする場合や、同じ部署の同僚達で合わせてプレゼントを贈る場合も多いようです。その場合は集まり人数や品物にもよりますが1000~3000円が一般的です。共同でプレゼントを渡す場合は近しい年齢の子育て経験者の意見を参考に品物を選ぶことをお勧めします。時代により子育て事情が異なりますので、同年代のパパママの意見を聞いてから選ぶと喜んでもらえるプレゼントが渡せるでしょう。


出産祝いのプレゼントを渡すときのマナー」について

*渡すタイミングは一般的には、出産祝いを贈るタイミングは産後1週間~1カ月までといわれています。出産直後はママの体調回復を最優先にするために入院中の訪問は避け、退院後自宅で落ち着いてきた頃に渡す場合が良いでしょう。詳しくは出産祝いを贈るタイミングについて」をご覧ください。


*お祝い金を渡す時の相場や注意事項は「出産祝いの相場について」をごらんください。


メッセージのNGワード

出産祝いを贈るとき、メッセージカードを添える方も多いようです。「きる」「なくなる」「たえる」などは縁起が悪いとされる「NGワード」ですのでご注意ください。

男の子や女の子という性別に関するメッセージは避けたほうがよいようです。

また、大変だったね、お疲れ様など労いの言葉もひかえたほうがいいようです。

出産メッセージを送る側は、相手を祝いたい、喜んでもらいたいという気持ちで送っているはずなのに、ちょっとした言葉の選び方で子育てに慣れないで毎日クタクタになっている新米ママの気持ちが沈んでしまうこともあります。どうすれば気持ちが伝わるメッセージを送れるのかを相手の気持ちを配慮して考えてみましょう。


スタッフ募集中!

ページトップへ