出産祝いのオーガニックコットンベビー服

 

出産祝いのお役立ちコンテンツ

出産祝いを贈るタイミングについて

出産祝いを贈るタイミング

みなさま、こんにちは。出産祝いのオーガニックコットンベビー服yugaです。
今回は出産祝いを贈るタイミングについてご説明します。

一般的には生後7日からお宮参(生後1カ月)の頃までとされています。
生後7日目は「お七夜」といって命名書を飾ってお祝いする風習があり、生後1カ月に赤ちゃんの誕生の報告を神様にして健康を祈願するお宮参りがあります。このお七夜とお宮参りが目安になっています。

贈る側は早く赤ちゃんに会いたいですし、出産祝いを渡して喜ぶ顔がみたいと気持ちも高ぶってしまいますが、最近では出産後1週間近く入院しているケースも多いので、お母さんと赤ちゃんの体調を最優先に考えて訪問することをお勧め致します。退院してから自宅で落ち着いた頃2~3週間後を目安に会いにお祝いに行くのがよいでしょう。

出産祝いを赤ちゃんに贈る

ですので、出産祝いを贈るベストタイミングは出産後2〜3週間といえます。配送する場合も訪問する場合も、母子ともに元気で健康状況が良好で退院しているかをが確認して贈るようにしましょう。

訪問日や品物の到着日は、暦のいわゆる“お日柄”のよい日を選べば間違いないでしょう。「六曜」の中で特に吉日とされるのは「大安」です。「先勝」「友引」もそれに次ぐ吉日なのでよい日でしょう。

忙しい方はつい遅くなってしまう場合もあります。そんな時はお祝いの言葉と共に遅くなったおわびの言葉を添えて贈るようにしましょう。出産して1年近くたってしまったときは、出産祝いでなく「お誕生日祝い」として贈ると良いでしょう。

yugaの出産祝いラッピング

スタッフ募集中!

ページトップへ