出産祝いのオーガニックコットンベビー服

 

オーガニックコットンのお役立ちコンテンツ

オーガニックコットンはなぜ赤ちゃんや地球に優しいの?

オーガニックコットンの収穫風景


今回はオーガニックコットンはなぜ赤ちゃんや地球に優しいの?というテーマでオーガニックコットンとふつうのコットンの違いやオーガニックコットンの収穫方法についてお話させていただきます。

オーガニックコットンの普及率は未だ未だ低く世界全体の2〜3%程しかありません。市場に出回っているコットンの殆どがオーガニックでない農薬や化学肥料を使用しているコットンということになります。

オーガニックコットンの栽培方法でも述べたように綿花は沢山の栄養を必要とする植物です。毎年同じ畑でコットンを栽培するには、年々増量の化学肥料を土に加えなければなりません。早く大量に生産したい大手企業は、更に発育促進剤を散布します。そうして早く沢山の花を咲かせます。花が咲いても枯れないとコットンボールはできません。そこで更に枯れ葉剤を散布します。枯れ葉剤により花は枯れ沢山のコットンボールを付けます。それを一気に機械で収穫します。
機械で収穫すると枯葉や不純物が混入しますが、いちいち手で取り除くことはしません。漂白剤につけて白くして見えなくします。
その後糸になり生地になり化学染料で染色しますが、各工程で付着する沢山の化学薬品により元々コットンが含んでいる油分が抜けきっているので繊維はカサカサになってしまいます。そのため風合いを出すために柔軟剤(ワックス)につけ込みます。
という具合に種を植えてから私たちの手元に届くまでに沢山の工程で大量の化学物質が使用されています。その量はメンズTシャツ1枚に対してTスプーン17杯分もの化学物質が使用されていると言われています。
土壌汚染は勿論、農業排水や染色排水による水質汚染染といった驚くほどの公害を引き起こしているのです。

世界中の農作物の中で綿花栽培の作付面積は全体の6〜7%と言われています。それに対して綿花畑の農薬の使用量は一時、世界全体の25%もありました。なんと世界中の4分の1の農薬がコットンに使われていたのです。現在は厳しい規制がかかり下がりましたが、それでも15%を占めています。

また、綿花畑で働く人々は大量の農薬を吸い込むため多くの人が病気になり健康を害しています。これは大きな社会問題になっています。
インドなどの貧困地帯では農薬を買う為に借金をしてその借金が払えず自殺する人も驚くほどの数に及んでいます。

それに比べてオーガニックコットンは一年コットンを育てると2年土壌を休ませて家畜の糞を発酵させて肥料を作り、自然のサイクルに逆らわない自然農法で育てていますから、環境汚染もありませんし、働く農家の人々も健康です。収穫も1つ1つ手摘みで収穫します。枯葉や不純物も手作業で一つ一つ丁寧に取り除きます。繊維には天然の油分がたっぷり含まれ糸は腰があり、生地は柔らかいのに何回洗っても型崩れせず丈夫です。愛情たっぷりに育てられたコットンは元々コットンが持つ豊かな性質がそのまま味わえるのです。

オーガニックコットンの収穫方法


そして、yugaで取り扱っているオーガニックコットンの殆どがフェアトレードコットンですから、農家の人は賃金も保証されています。通常のコットンの1.3倍の価格で買取を約束されていますので安心して働き安心して生活がおくれます。農薬を買う必要がないので借金をする必要もありません。そしてフェアトレード事業の一環で収益金の1部で現地の子供たちの学校を作っています。

オーガニックコットンの収益で学校を設立

オーガニックコットンを育てる農家の人々は子供を学校に行かせ、労働に見合う賃金が支給され、健康で人間らしい生活がおくれるのです。

そんな環境で育ったオーガニックコットンを子供たちに着せてあげたくはありませんか。私たち大人も身につけたり使用したりすることで、都会にいながらも大自然の恵みや人の温もりを肌で感じる事ができます。そんな人間本来の心の豊かさを、オーガニックコットンを使うことで味わってみませんか。

105

スタッフ募集中!

ページトップへ