出産祝いのオーガニックコットンベビー服

 

ベビー服のお役立ちコンテンツ

ベビー服の水通しとは?|出産祝いのオーガニックコットンベビー服yuga

ベビー服の水通しってなに?

こんにちは。出産祝いのオーガニックコットンベビー服yugaです。

「ベビー服を買ったら水通しをしましょう」とよく聞きますが「水通し」ってなに?というプレママも多いのではないでしょうか。

「水通し」とは、赤ちゃんの為に用意した衣類や寝具などを使用前に一度水で洗うことです。新品でも製作の祭には工場で作りますので埃もつきますし、糊などが付着していることが多々あります。赤ちゃんの肌は薄くてとても敏感ですから、糊や埃を洗い流して着せてあげなくてはなりません。使用前にさっと水で洗ってあげるだけで赤ちゃんも快適に過ごせ、お肌トラブルを未然に防げます。

赤ちゃんが生まれた後に購入した洋服も、すぐに着せずに水通しすると良いですよ。購入した肌着や洋服はもちろん、おさがりとしてもらった衣類や寝具も保管状態がわかりませんので一度水通ししておくと安心です。

水通しはいつするの?

妊娠中の34週頃までに水通しをしておくことをお勧めいたします。出産間近になると体に負担がかかるのでこの頃までに水通しをしておくと安心です。晴れた日で体調のいい時に行いましょう。

水通しは洗剤を使うの?

洗剤は使わず「水通し」という名前の通り水だけで洗います。産後のベビー服の洗濯には、刺激が少ないものなら大人用に使っている洗剤を使ってもOKですが、その場合はすすぎを念入りにして洗剤が残っていないようにしてあげてください。新品のベビー服なら汚れていないので水でのりを落とすだけで問題ありません。水通しという言葉通り、基本的には洗剤は使いません。水だけで洗うのに抵抗がある場合は、赤ちゃん洗剤や無添加の洗剤を使ってもよいでしょう。 赤ちゃん用の洗剤は、界面活性剤や蛍光増白剤、柔軟剤などが入っていませんので、必ず裏の表示を見て無添加であるかを確認しましょう。大人も洗濯物とは分けて洗いましょう。

水通しってどうすればいい?

1: 水またはお湯に浸す

洗面器に水を張り、ベビー服や肌着を浸します。冬などはぬるま湯でもOKです。 肌着のひもは内側も外側もほどいてから浸します。

2:もみ洗いする

水に浸したベビー服や肌着をやさしくもみます。 ごしごし洗うのではなく、水分をしっかり含ませるイメージで「もみもみ」するだけで大丈夫です。

3:絞る

雑巾を絞るのと同じように、固めに十分の絞ります。 洗濯機を使う場合も手で絞った方が形崩れしませんが、量が多くて大変な場合はネットに入れて脱水機にかけても構いません。

4:しわをのばす

シワシワになったベビー服や肌着を広げて、しわを伸ばすようにパンパンと叩き、しっかりしわを伸ばします。首まわりなど引っ張りすぎると伸びてしまうので、伸びないように形を整えてシワを伸ばしましょう。

5:干す

ベビー用ハンガーやピンチハンガーを使ってベビー服肌着を干します。 陰干しや室内干しでなくても、いつもの洗濯と同じように外に干してOKです。湿気が残らないよう、できるだけ晴れた日を狙って干しましょう。十分に乾燥させてからしまてください。湿気が残っているとカビの原因になります。お天気のいい日に紫外線で消毒するのもいいですが、春など花粉の多い時期は外は避けて室内でも日光の当たる場所に干すと良いでしょう。

4.たたむ

水通しが終わったら、ベビー服をたたみます。そんなに神経質にならず、使いやすいようにたためばOKです。折りじわが沢山あると赤ちゃんの肌にあたって気になるので、折りじわが少ない「二つ折り」や「丸める」のがお勧めです。

5.しまい方

水通しが終わってたたんだベビー服は、湿気の少ない場所に置いた収納ケースやタンスにしまいます。赤ちゃん専用の収納スペースを作ってあげましょう。湿気が気になる場所なら除湿剤をいれても構いませんが、直接衣類の当たらないようにしましょう。防虫剤は香りが強いので使わない方が良いです。

水通しの手順になります。体調のいいお天気の日に少しずつ赤ちゃんを迎える準備をしてあげましょう。楽しんで準備してあげるとお腹の赤ちゃんも喜びます。

スタッフ募集中!

ページトップへ